FC2ブログ
≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin

欲望が敏感に… 

敬慕する皆様お疲れ様です

20130614 031


ご主人様のご調教を、
“お受けいたします。受けさせて下さいませ。”
と、いろんなお話をした上で決断し、それなりの覚悟を持って申し上げました。


ご主人様のご調教は日々進化していく…………


人間は厳しいことよりも優しいことの方が好きで…………
その優しさに甘えてしまう生き物です………


それを見かねたご主人様、
最近の私の失態や、質問に対する回答の不備など……
“ちりもつもればやまとなる。”ということ。


そのすべてを指摘された後のご調教。


エレベーターでご主人様をお出迎えするのですが、
こちらに向かわれてくる足音からも何かいつもと違う雰囲気・・・威圧感・・・。
横に並んで歩くことさえもできずに、ご主人様の背中を見ながら歩く道のり、
そして、これから始まるご調教に一抹の不安が私に襲いかかって、
軽いパニック状態からのスタートでした(>_<)


お部屋に入り一通りの準備をしたあと、“どうしよう…”と、オロオロした私をみて、『いつもの格好!』
最初に教えられた'オスワリ'の姿勢。
ただただ威圧感に圧倒される私、、、
体は硬直し、綺麗な姿勢を保てない……
すると、容赦なく飛んでくる乗馬鞭にまた怯え・・・


響くのは私の声だけ、
無言の空気がこれほどまでに私を震えたたせるなんて。


怯える私の前に出てきたもう一つの鞭…
それは、ご主人様が私の為に買ってきてくださったものなので、とても嬉しかったです(*^^*)ですが、この状態では恐怖の産物でしかありませんでした


麻縄で胸縄を、手を上に挙げられ格子の梁に固定された状態に、逃げ場を失われる。
新しい鞭で私の背中をサァ~っと当てられただけで、鳥肌が。

本格に始まった鞭調教。


“ビシッ”と打たれる度に膝が崩れそうになる。
また、身体をよじり逃げれば逃げただけ鞭が打たれる。



責められることが激しくあればあるほど、激しく反抗心を覚えます。
それに感じてしまう自分を否定するかのように……



そんな状況下、ご主人様のお顔を拝見しても、鋭い眼光が私に向けられておりました。
その眼光は、私の小さな小さな自尊心を折り、自分の立場を改めて認識させられました。



そうして“屈辱”を感じる瞬間こそが、
自分の欲望を最も敏感に意識する瞬間なのでしょうか……

この記事へのコメント

コメントありがとうございます☆

そして、ご心配ありがとうございます☆
恐怖でもあり、快感でもあり、

そんな状況にゾクッといたします(^^;)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

☆ 石川みか ☆

Author:☆ 石川みか ☆
♪お部屋へようこそ♪


  名前 石川 みか
  身長 160cm
  B84cm W57cm H85






≪☆好きなこと☆≫
食べること。
寝ること。
SMについて語らうコト。


玩具。電マ。緊縛。
蝋燭。スパンキング。
猿轡。手枷・足枷などなど・・・


未熟な私ですが、
精一杯頑張りますので、
ご主人様の手でみかを
M奴隷に仕立てて下さいませ。


ご主人様の喜びが、
私の喜びでございます。。。


よろしくお願いしますm(__)m

日本最強のSMランキング
QRコード